特許ある信頼性

水素生成方式による効果の違い   W水素ボトルについて_02   最新の特許を取得したダブル水素ボトルは今までの電気分解による水素ガス発生のメカニズムとは違います。
電気分解の既存方式は、酸素と水素がすぐに再結合してしまいますが
本方式は、酸素と水素を再結合させないように、酸素を固めてオゾン(O3化)して、
水素との再結合を防ぐという脱酸素法により、純粋な水素ガスのみを取り出すことに成功しました。
また、水の中に溶け込んだ水素は、酸素と結合しないため、長時間お水の中に溶存することが可能になりました。
さらに、本方式においては、体に有害な成分といわれるOHイオンを出さないため、
安全に水素水を摂ることが可能となりました。