W水素ボトルについて

W水素ボトルについて

水素は「飲む」から「吸入」する時代へ

水素を体内に取り入れる方法として「吸入」「飲用」「浸透」がありますが、呼吸「吸入方法」で水素を取り入れるのが直接摂取で確実に効果的です。「水素ガス吸入を約3分」ほどで体内に行き渡ると各医療機関のデータでも出ています。(注:個人差があります)
水素ガスが今、注目されている理由がここにあります。

ダブル水素ボトル
水素の生成方法(特許生成方式)

独自の電気分解方式で水素活性電極の隠電極と陽電極の間を高分子膜で仕切り隠電極側に水素ガス、陽電極側に酸素ガス別箇に発生させ容器内の水は水素ガスのみの状態になり、高濃度水素を生成することができます。陽極側に貯めた酸素ガスはO3となり水素生成完了時に容器を傾けることで一気に容器から放出されます。他社製品には容器の下部の一面上に陰極と陽極があるため極間で水素ガス、酸素ガスが同時に発生し、容器内で再結合が生じるため高濃度の水素の生成はできません。ダブル水素ボトルは、水素ガスのみの状態になり、高濃度の水素ガス、水素水を生成することができます。

水素生成のしくみ

W水素ボトルについて_02

溶存水素濃度減衰グラフ

ダブル水素ボトルは、水を水素と酸素に分離して生成しており、分離した酸素はオゾンとなりボトル底部に気泡となって徐々に滞留していきます。生成完了後、傾けると大きな気泡となり一気に気中に放出されます。生成中ボトル内は脱酸素状態となり水素と酸素が再結合しないため、溶存水素濃度が大きく上昇し、生成後の濃度低下も緩やかです。更に、不安定な水素は飲んだ時に水に戻ろうとして悪玉活性酸素に素早く反応します。

水素の生成方法(特許生成方式)

独自の電気分解方式で水素発生電極の陰電極と陽電極の間を高分子膜で仕切り陰電極側に水素ガス、陽電極に酸素ガス別箇に発生させ容器内の水は水素ガスのみの状態になり、高濃度の水素を生成することができます。 陽極側に貯めた酸素ガスはO3となり水素生成完了時に容器を傾けることで一気に容器から放出されます。他社製品には容器の下部の一面上に陰極と陽極があるため極間で水素ガス、酸素ガスが同時に発生し,容器内で再結合が生じるため高濃度の水素の生成はできません。ダブル水素ボトルは、水素ガスのみの状態になり、高濃度の水素ガス・水素水を生成することができます。

W水素ボトルについて_04